法務教官

法務教官は原則として、少年院か少年鑑別所に勤務します。

少年院では、少年の社会復帰を図るための活動を行います。個々の少年に対し、集団活動,面接などを通じて指導を行ったり、レクリエーション等の指導を通じて矯正教育に従事します。

鑑別書では、送致された少年の身柄を保護し、審判に向けて心情の安定を図るよう面接や相談助言などの業務に従事します。

試験の区分は、教官A(男子)と教官B(女子)とがある。

受験資格

試験実施年度の4月1日時点で、21歳以上29歳未満の者。21歳未満の者であっても、大学、短大、高専を卒業した者および卒業見込みの者。

試験内容

<1次>
教養試験:公務員として必要な一般的な知識及び知能についての筆記試験
専門試験:教育学、心理学、社会学に関する基礎的知識及び青少年問題についての筆記試験 
専門試験:青少年の教育に関連する具体的な課題についての論述1題

<2次>
人物試験、身体検査、身体測定

受験料

無料

試験日

1次:6月中旬
2次:7月中旬

試験地

1次:札幌市、仙台市、秋田市、東京都、名古屋市、金沢市、堺市、広島市、高松市、福岡、鹿児島市、那覇市
2次:札幌市、仙台市、さいたま市、名古屋市、堺市、広島市、高松市、福岡市、那覇市

問い合わせ先

法務省保護局総務課人事係
〒100-8977
東京都千代田区霞が関1-1-1
tel:03-3580-4111(代)
http://www.moj.go.jp/kyousei1/kyousei_kyouse12.html

 

コメントは停止中です。