入国警備官

入国警備官は入管法に違反している疑いのある外国人の調査や情報収集を行い、違反している外国人を摘発します。摘発は昼夜を問わず、現場も様々なので、身体的な能力や判断力も問われます。

摘発により、身柄を拘束された外国人を収容し、送還までの業務を担うため語学力も求められます。

受験資格

1次試験の実施年度の4月1日の時点で、17歳以上、23歳未満の者。

下記のいずれかに該当する者は不合格となります。

  • 身長が男子160cm,女子148cmに満たない者
  • 体重が男子47Kg,女子40Kgに満たない者
  • 裸眼視力がどちらか1眼でも0.6に満たない者(ただし矯正視力が両眼で1.0以上の者は差し支えない。)
  • 色覚に異常のある者(ただし職務遂行に支障のない程度の者は差し支えない。)
  • 四肢の運動機能に異常のある者

この他に試験を受けられないものとして、日本の国籍を有しない者や成年被後見人,被保佐人(準禁治産者を含む。)などの条件がある。

試験内容

1次:教養試験(一般的な知識[国語,社会,数学,理科,英語など])、知能試験(英文を含む文章理解,判断推理,数的推理,資料解釈)、作文
2次: 人物試験、身体検査、身体測定、体力検査

受験料

無料

試験日

1次:9月下旬
2次:10月中旬

試験地

札幌市,仙台市,東京都,名古屋市,大阪市,広島市,高松市,福岡市,那覇市

問い合わせ先

法務省入国管理局総務課人事係
〒100-8977
東京都千代田区霞が関1-1-1
tel:03-3580-4111(代)
http://www.moj.go.jp/nyuukokukanri/kouhou/nyukan_nyukan06.html 

 

コメントは停止中です。