中小企業診断士

経営コンサルタントの資格としては、唯一の国家資格で、「中小企業支援法」に基づいて経済産業大臣が登録する資格です。

それだけにハードルも高く、登録を受けるには、登録の申請日前の3年以内に2次試験に合格し、実務補習を15日以上受けるか、定められた実務従事を15日以上行う必要があります。

弁護士や税理士とは違って、コンサルタントを名乗るのに特に資格は必要ありませんが、持っていると対外的な信用もかなり違ってきますし、実務経験が少ない場合も試験勉強や実務補習の中でスキルを身につけることができます。

受験資格

年齢や学歴、実務経験等の制限はありませんが、未成年や破産者など、中小企業診断士として登録することができない場合があります。

試験内容

1次試験:以下の8科目について2日間にわたっての筆記試験

A経済学・経済政策 B財務・会計 C企業経営理論 D運営管理 E経営法務 F経営情報システム G中小企業経営・中小企業政策

2次試験:【筆記試験】診断及び助言に関する実務の事例と【口述試験】

受験料

1次試験:14,400円
2次試験:17,900円

試験日(平成23年度)

1次試験:8月6,7日
2次試験:10月23日(筆記試験) 12月18日(口述試験)

試験地

札幌、仙台、東京、名古屋、大阪、広島、福岡

問い合わせ先

社団法人 中小企業診断協会本部
〒104-0061
東京都中央区銀座1-14-11 銀松ビル5F
tel:03-3563-0851(代)
http://www.j-smeca.jp/

コメントは停止中です。