税理士

個人や自営業者、企業等の納税者の依頼を受けて、所得税や法人税、相続税、固定資産税などの税金に関する申告を代行する業務を担います。

税理士は資格取得後、日本税理士会連合会の税理士名簿に登録することで、業務を行うことができるようになります。税理士の登録には2年以上の実務経験が必要になります。

受験資格

1.学識による受験資格

  • 大学又は短大の卒業者で、法律学又は経済学を1科目以上履修した者
  • 大学3年次以上で、法律学又は経済学を1科目以上含む62単位以上を取得した者
  • 一定の専修学校の専門課程を修了した者で、法律学又は経済学を1科目以上履修した者
  • 司法試験合格者
  • 公認会計士試験の短答式試験に合格した者

2.資格による受験資格

  • 日商簿記検定1級合格者
  • 全経簿記検定上級合格者

3.職歴による受験資格

  • 法人又は事業行う個人の会計に関する事務に3年以上従事した者
  • 銀行、信託会社、保険会社等において、資金の貸付け・運用に関する事務に3年以上従事した者
  • 税理士・弁護士・公認会計士等の業務の補助事務に3年以上従事した者

上記以外の受験資格もあります。詳細は問い合わせ先で確認してください。

試験内容

会計学:簿記論、財務諸表論(必修)
税法:所得税法、法人税法、相続税法、消費税法または酒税法、国税徴収法、住民税または事業税、固定資産税の9科目のうち3科目を選択。 
※所得税法か法人税法のうち1科目は必修選択科目

合計5科目の合格によって税理士となる資格を有することができます。
税理士試験の特徴として、科目合格制があります。一度合格した科目は税理士になるまで有効です。

受験料

1科目:3,500円
2科目:4,500円
3科目:5,500円
4科目:6500円
5科目:7,500円

1回の試験では最大5科目までしか受験できません。

試験日

8月上旬

試験地

札幌市、仙台市、新潟市、宇都宮市、さいたま市、東京都、横浜市、金沢市、名古屋市、大阪市、広島市、高松市、太宰府市、熊本県上益城郡、那覇市

難易度

平成23年度の科目別合格率は以下のとおりです。

科目名 受験者数 合格者数 合格率
簿記論 23,871人 3,528人 14.8%
財務諸表論 18,650人 3,101人 16.6%
所得税法 2,501人 336人 13.4%
法人税法 7,334人 919人 12.5%
相続税法 4,134人 478人 11.6%
消費税法 10,891人 1,490人 13.7%
酒税法 977人 120人 12.3%
国税徴収法 1,243人 165人 13.3%
住民税 828人 137人 16.5%
事業税 916人 157人 17.1%
固定資産税 1,556人 190人 12.2%
合計 72,901人 10,621人 14.6%

問い合わせ先

国税庁国税審議会
〒100-8978
東京都千代田区霞が関3-1-1
tel:03-3581-4161(代)
http://www.nta.go.jp/sonota/zeirishi/zeirishishiken/zeirishi.htm

コメントは停止中です。