応用情報技術者試験

対象は高度IT人材となるために必要な応用的知識・技能をもち、高度IT人材としての方向性を確立した者で、情報処理技術者試験制度のスキルレベル3(スキルレベルは1から4まで)にあたります。

2000年度までの名称は、第一種情報処理技術者試験である程度の経験を積んだプログラマやSE(システムエンジニア)を対象とした試験です。

応用情報技術者試験の合格者は、国家試験(中小企業診断士、弁理士)の一部免除制度が受けられます。また、教員採用選考試験において試験の一部免除を実施する県市があります。警視庁で募集するコンピュータ犯罪捜査官などは、情報処理技術者試験の合格が応募資格の一つとなっています。

受験資格

制限なし

試験内容

午前:基本理論、コンピュータシステム、技術要素、開発技術、プロジェクトマネジメント、サービスマネジメント、システム戦略、経営戦略、企業と法務(四肢択一)
午後:経営戦略、情報戦略、 戦略立案・コンサルティング技法、システムアーキテクチャ、ITサービスマネジメント、プロジェクトマネジメント、ネットワーク、データベース、組込みシステム開発、情報システム開発、プログラミング、情報セキュリティ、システム監査(記述式)

受験料

5,100円

試験日

4月第3日曜日、10月第3日曜日

試験地

全国主要都市

問い合わせ先

独立行政法人 情報処理推進機構 情報処理技術者試験センター
〒113-8663
東京都文京区本駒込2-28-8
文京グリーンコートセンターオフィス15階
03-5978-7600(代)
http://www.jitec.ipa.go.jp/

コメントは停止中です。