システム監査技術者試験

高度情報処理技術者試験の中で、唯一の被監査部門から独立した立場の者を対象とした試験で、情報処理試験の最高位とも言えるかもしれません。

情報システムが経営に貢献しているかどうかを、安全性や効率性、信頼性など幅広い側面から総合的に調査したり、あるいは、自らの判断基準に照らして、評価や改善をする役割を担います。

受験資格

制限なし

試験内容

午前Ⅰ:共通知識(四肢択一式)
午前Ⅱ:データベース、ネットワーク、セキュリティ、システム開発技術、サービスマネジメント、システム監査、経営戦略マネジメント、企業活動、法務(四肢択一式)
午後Ⅰ: 記述式
午後Ⅱ:論述式

午後の試験の出題範囲は以下のとおりです。

  1. 情報システム・組込みシステム・通信ネットワークに関すること
  2. システム監査全般に関すること
  3. システム監査の計画・実施・報告に関すること
  4. システム監査関連法規に関すること

受験料

5,100円

試験日

4月第3日曜日

試験地

全国主要都市

問い合わせ先

独立行政法人 情報処理推進機構 情報処理技術者試験センター
〒113-8663
東京都文京区本駒込2-28-8
文京グリーンコートセンターオフィス15階
03-5978-7600(代)
http://www.jitec.ipa.go.jp/

コメントは停止中です。