通訳案内士

通訳案内士法の規定により、報酬を受けて外国人に付き添い、外国語を用いて旅行に関する案内をする業を営もうとする者は、通訳案内士試験に合格し、都道府県知事の登録を受ける必要があります。

通訳案内士試験の種類は、英語だけでなく、フランス語、スペイン語、ドイツ語、中国語、イタリア語、ポルトガル語、ロシア語、韓国語、タイ語があります。

通訳案内士の報酬は、平均的には1日25,000円~45,000円となっていますが、観光シーズンなどにも左右されます。(報酬は経験や専門知識、契約期間等で異なります。)

受験資格

制限なし

試験内容

筆記試験:外国語についての筆記試験 (記述式)、日本語による筆記試験 (マークシート方式)
※日本語による筆記試験は1.日本地理 2.日本歴史 3.産業、経済、政治及び文化に関する一般常識

口述試験:通訳案内の実務(筆記試験で選択した外国語による実践的コミュニケーション能力。人物考査を含む。)

受験料

8,700円

試験日

筆記試験:8月下旬頃
口述試験: 12月上旬頃

試験地

<筆記試験>
日本国内:札幌市、仙台市、東京都、名古屋市、京都府、広島市、福岡市、那覇市
日本国外:ソウル市(韓国語)、北京(中国語〔簡体字〕)、香港特別行政区(中国語〔簡体字〕)、台北市 (中国語〔繁体字〕)

<口述試験>
東京都(英語、中国語、韓国語は、東京都、京都府、福岡市 )

難易度

平成22年度の合格者数は以下のとおりです。

受験者(人)
第1次合格者(人)
最終合格者(人)

合格率(%)

英 語

4,136

716

495

12.0

フランス語

258

67

57

22.1

スペイン語

182

61

46

25.3

ドイツ語

78

13

12

15.4

中国語

1,548

168

154

9.9

イタリア語

96

27

19

19.8

ポルトガル語

32

11

8

25.0

ロシア語

102

19

12

11.8

韓国語

793

147

125

15.8

タイ語

14

5

4

28.6

7,239

1,234

932

12.9

問い合わせ先

独立行政法人 国際観光振興機構 総務部通訳案内士試験係
〒100-0006
東京都千代田区有楽町2-10-1 東京交通会館10F
tel:03-3216-1903
http://www.jnto.go.jp/jpn/interpreter_guide_exams/index.html

コメントは停止中です。