社会保険労務士

社会保険労務士は、略して社労士(しゃろうし)と呼ばれることもあります。

社会保険労務士は労働関連法令や社会保障法令に基づく申請書や届出書、報告書、審査請求書、異議申立書等の書類作成代行を行ったり、労務管理や社会保険に関する相談など、コンサルティング的な業務も行います。

社会保険労務士試験に合格し、なおかつ2年以上の実務経験がある者が、社会保険労務士名簿に登録されて、社会保険労務士として活動することができます。

受験資格

<学歴>

  • 大学、短期大学、高等専門学校を卒業した者
  • 上記の大学(短期大学を除く。)において62単位以上を修得した者
  • 旧高等学校令による高等学校高等科、旧大学令による大学予科又は旧専門学校令による専門学校を卒業し、又は修了した者
  • 前記に掲げる学校等以外で、厚生労働大臣が認めた学校等を卒業し又は所定の課程を修了した者
  • 修業年限が2年以上で、かつ、課程の修了に必要な総授業時間数が1,700時間以上の 専修学校の専門課程を修了した者
  • 全国社会保険労務士会連合会において、個別の受験資格審査により、学校教育法に定める短期大学を卒業した者と同等以上の学力が認められる者

<実務経験>

  • 労働社会保険諸法令の規定に基づいて設立された法人の役員(非常勤の者を除く。)又は従業者として同法令の実施事務に従事した期間が通算して3年以上になる者
  • 国又は地方公共団体の公務員として行政事務に従事した期間及び特定独立行政法人、特定地方独立行政法人又は日本郵政公社の役員又は職員として行政事務に相当する事務に従事した期間が通算して3年以上になる者
  • 社会保険労務士もしくは社会保険労務士法人又は弁護士もしくは弁護士法人の業務の補助に従事した期間が通算して3年以上になる者
  • 労働組合の役員として労働組合の業務に専ら従事した期間が通算して3年以上になる者又は会社その他の法人の役員として労務を担当した期間が通算して3年以上になる者
  • 労働組合の職員又は法人等もしくは事業を営む個人の従業者として労働社会保険諸法令に関する事務に従事した期間が通算して3年以上になる者

その他、行政書士資格所有者など、いくつか受験資格を得られる資格があります。

試験内容

  1.  労働基準法および労働安全衛生法
  2. 労働者災害補償保険法
  3. 雇用保険法
  4. 労務管理その他の労働に関する一般常識
  5. 社会保険に関する一般常識
  6. 健康保険法
  7. 厚生年金保険法
  8. 国民年金法

午前:選択式
午後:択一式

受験料

9,000円

受験日

8月下旬

試験地

北海道、宮城県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、石川県、静岡県、愛知県、京都府、大阪府、兵庫県、岡山県、広島県、香川県、福岡県、熊本県、沖縄県

難易度

平成23年度の合格率は7.2%

問い合わせ先

全国社会保険労務士会連合会 試験センター
〒103-8347
東京都中央区日本橋本石町3-2-12 社会保険労務士会館5F
tel:03-6225-4880
http://www.sharosi-siken.or.jp/

コメントは停止中です。