医師

医師は大きく分けて、診療所や病院などで患者を治療する臨床医と研究機関などで医学の研究に携わる研究医とがあります。

医師国家試験に合格して、医籍登録を完了した者が厚生労働大臣より免許が与えられますが、臨床医として勤務するためには臨床研修を受ける必要があります。この期間の医師を俗に研修医と呼ばれていますが、研究医や産業医、法医学者などは、この研修を受ける義務はありません。

日本の場合、医師免許は診療科ごとに交付されるのではなく、すべての診療科における診療行為を行うことができます。

受験資格

  1. 学校教育法に基づく大学において、医学の正規の課程を修めて卒業した者(試験年度までに卒業する見込みの者を含む。)
  2. 医師国家試験予備試験に合格した者で、合格した後1年以上の診療及び公衆衛生に関する実地修練を経た者
  3. 外国の医学校を卒業し、又は外国で医師免許を得た者であって、厚生労働大臣が(1)又は(2)に掲げる者と同等以上の学力及び技能を有し、かつ、適当と認定した者
  4. 沖縄の復帰に伴う厚生省関係法令の適用の特別措置等に関する政令第17条第1項の規定により医師法の規定による医師免許を受けたものとみなされる者であって、厚生労働大臣が認定した者

試験内容

臨床上必要な医学及び公衆衛生に関して、医師として具有すべき知識及び技能が問われる。

受験料

15,300円

試験日

2月中旬

試験地

北海道、宮城県、東京都、新潟県、愛知県、石川県、大阪府、広島県、香川県、福岡県、熊本県、沖縄県

問い合わせ先

厚生労働省 医政局医事課試験免許室
〒100-8916
東京都千代田区霞が関1-2-2
tel:03-5253-1111 (代)
http://www.mhlw.go.jp/kouseiroudoushou/shikaku_shiken/ishi/

コメントは停止中です。