木造建築士

木造建築士とは、都道府県知事の免許を受け、木造建築士の名称を用いて、木造の建築物に関し、設計、工事監理等の業務を行う者のことを指しますが、名称の通り木造の建築物に限定されます。

具体的には、木造建築物で延べ面積が300m²以内、かつ2階以下のものを設計・工事監理ができます。

受験資格

  1. 大学(短期大学を含む)又は高等専門学校において、指定科目を修めて卒業した者
  2. 高等学校又は中等教育学校において、指定科目を修めて卒業した者で実務経験が3年以上の者
  3. その他都道府県知事が特に認める者
  4. 建築設備士
  5. 建築に関する学歴がない者で実務経験7年以上の者

試験内容

学科試験 :学科I[建築計画]、学科II[建築法規]、学科III[建築構造]、学科IV[建築施工]
設計製図試験 :あらかじめ公表された設計課題についての設計製図

受験料

16,900円

試験日

学科試験:7月下旬
設計製図試験:10月上旬

試験地

全国各地

問い合わせ先

財団法人 建築技術教育普及センター本部
〒104-0031
東京都中央区京橋2-14-1
tel:03-5524-3105 
http://www.jaeic.or.jp/mk.htm

コメントは停止中です。