保育士

保育士になるには、厚生労働大臣が指定する保育士を養成する学校、その他の施設で所定の課程・科目を履修して卒業する方法と、保育士試験に合格する方法とがあります。

保育士は学童保育や歯科医院、レジャー施設など他業界での保育施設の増加が目立ち、保育士は不足していると言われています。

少子化が叫ばれている現在ですが、将来性には期待がもてる資格といえるでしょう。

※ここでは、保育士試験の概要を解説します。

受験資格

  • 学校教育法による大学に2年以上在学、または短期大学を卒業して、62単位以上習得した者。
  • 平成3年3月31日以前に高等学校を卒業した者

※この他にも細かく指定されていますので、詳しくは問い合わせ先のサイト等をご参照ください。

試験内容

<1次試験:筆記試験>

  1. 社会福祉
  2. 児童福祉
  3. 発達心理学及び精神保健
  4. 小児保健
  5. 小児栄養
  6. 保育原理
  7. 教育原理及び養護原理
  8. 保育実習理論

<2次試験:実技試験>

  1. 音楽
  2. 絵画
  3. 言語

受験料

12,700円

試験日

1次:8月上旬
2次:10月中旬

試験地

各都道府県

問い合わせ先

社団法人 全国保育士養成協議会
〒171-8536
東京都豊島区高田3-19-10 
tel:0120-4194-82
http://hoyokyo.or.jp/

コメントは停止中です。