介護福祉士

近年の少子高齢化が叫ばれていますが、ねたきり老人など介護を必要する人が増加する中で、世帯規模の縮小や各家庭での介護必要性が高まっています。

介護福祉士は、こうした状況の中で、福祉に関する相談や介護を依頼することができる専門的能力を有する人材の養成や確保を図り、在宅や施設における介護の充実強化を図ることを目的として創設された国家資格です。

介護福祉士の活動の場所は、特別養護老人ホームやデイケアセンターはもちろん、障害福祉や訪問介護員(ホームヘルパー)などもあります。

また、比較的仕事の少ない地方においても、需要は多くある点が魅力でもあります。

受験資格

  1. 特別養護老人ホームや介護老人保健施設の介護職員など、主たる業務が介護等の業務である方、介護保険の指定訪問介護事業所の訪問介護員(ホームヘルパー)などで、介護等の業務に従事(在職期間が3年以上、実働日数が540日以上)した者
  2. 高等学校又は中等教育学校(専攻科を含む)において、福祉に関する所定の教科目及び単位を修めて卒業した者
  3. 特例高等学校(専攻科を含む)において、福祉に関する所定の教科目及び単位を修めて卒業した後、介護等の業務に従事(在職期間:9ヶ月以上、実働日数:135日以上)した者

試験内容

筆記試験: 人間の尊厳と自立、介護の基本、 人間関係とコミュニケーション、コミュニケーション技術、 社会の理解、 生活支援技術、 介護過程、 発達と老化の理解、 認知症の理解、 障害の理解、 こころとからだのしくみ、 総合問題

実技試験:介護等に関する専門的技能

受験料

10,650円

試験日

筆記試験:1月下旬
実技試験:3月上旬

試験地

筆記試験:北海道、青森県、岩手県、宮城県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、新潟県、石川県、岐阜県、静岡県、愛知県、京都府、大阪府、兵庫県、島根県、岡山県、広島県、香川県、愛媛県、高知県、福岡県、長崎県、熊本県、大分県、鹿児島県、沖縄県

実技試験:北海道、青森県、宮城県、東京都、石川県、愛知県、大阪府、広島県、香川県、福岡県、鹿児島県、沖縄県

問い合わせ先

財団法人 社会福祉振興・試験センター
〒150-0002
東京都渋谷区渋谷1丁目5番6号
tel:03-3486-7559(音声案内)
http://www.sssc.or.jp/kaigo/

受講料0円!キャリアアップ応援制度あり。⇒介護の資格講座なら福祉の教室『ほっと倶楽部』

コメントは停止中です。