栄養士

栄養士は、都道府県知事の免許を受けて、栄養士の名称を用いて、保健所や給食センター、食品会社などで栄養の指導に従事することのできる資格です。

栄養士になるには、厚生労働大臣の指定した栄養士養成施設で、2年以上修業を得なくてはなりません。栄養士の免許の取得までの課程に実習が必要などの理由から、夜間の学校や通信教育では資格を得ることはできません。

また、傷病者に対する栄養の指導や高度な専門知識や技術を有する栄養の指導を行う管理栄養士になるためには、栄養士の免許を受けた後に数年の実務経験が必要になります。

受験資格

厚生労働大臣の指定した栄養士養成施設または、管理栄養士養成施設を卒業(2年〜4年)すると、無試験で取得できる。

養成施設への入学資格は、高校卒業または同等以上の学力を有する者。

必修科目

  1. 社会生活と健康
  2. 人体の構造と機能
  3. 食品と衛生
  4. 栄養と健康
  5. 栄養の指導
  6. 給食の運営

問い合わせ先

社団法人全国栄養士養成施設協会
http://www.eiyo.or.jp/

コメントは停止中です。