メンタルヘルス・マネジメント検定試験

現代社会では仕事や生活に強い不安を抱えやすく、ストレスに晒される機会が増加傾向にあります。

メンタルヘルス・マネジメントとは「心の健康管理」という意味合いで使われていますが、働く人たちが心に不調を訴えることを未然に防ぎ、明るい職場づくりをめざす役割を担う人材として、この資格は有効です。

試験はⅠ種からⅢ種まで分かれていて、Ⅰ種になると合格率が10%台とかなり難易度が高くなっています。

受験資格

制限なし

試験内容

<Ⅰ種>

  1. 企業経営におけるメンタルヘルス対策の意義と重要性
  2. メンタルヘルスケアの活動領域と人事労務部門の役割
  3. ストレスおよびメンタルヘルスに関する基礎知識
  4. 人事労務管理スタッフに求められる能力
  5. メンタルヘルスケアに関する方針と計画
  6. 産業保健スタッフ等の活用による心の健康管理の推進
  7. 相談体制の確立
  8. 教育研修
  9. 職場環境等の改善

<Ⅱ種>

  1. メンタルヘルスケアの意義と管理監督者の役割
  2. ストレスおよびメンタルヘルスに関する基礎知識
  3. 職場環境等の評価および改善の方法
  4. 個々の労働者への配慮
  5. 労働者からの相談の方法(話の聴き方、情報提供および助言の方法等)
  6. 社内外資源との連携と労働者のプライバシーへの配慮
  7. 心の健康問題をもつ復職者への支援の方法

<Ⅲ種>

  1. メンタルヘルスケアの意義
  2. ストレスおよびメンタルヘルスに関する基礎知識
  3. セルフケアの重要性
  4. ストレスへの気づき方
  5. ストレスへの対処、軽減の方法

試験はマークシート方式、Ⅰ種のみ論述試験有り

受験料

Ⅰ種:10,500円
Ⅱ種:6,300円
Ⅲ種:4,200円

試験日

3月、11月(11月はⅠ種は無し)

試験地

札幌、仙台、新潟、さいたま、千葉、東京、横浜、浜松 、名古屋、京都、大阪、神戸、広島、高松、福岡

問い合わせ先

メンタルヘルス・マネジメント検定試験センター
京都府京都市下京区五条通烏丸東入松屋町438番地 MCビル3階
tel:06-6944-6141
http://www.mental-health.ne.jp/

コメントは停止中です。