外務省専門職員

いわゆる外交官になるための試験で、入省後1ヵ月間外務省研修所で国内研修を受け,引続き外務省本省に勤務します。

入省2年目から2〜3年間の在外研修を受け,研修終了後は,そのまま館務に就くか,あるいは研修語を国語とする別の国にある在外公館に転勤になります。

おおむね5~6年ごとに本省勤務と在外公館勤務を繰返し,各地域の専門家として活躍することが期待されています。優秀な者について は幹部への道も開かれています。

受験資格

試験実施年度の4月1日の時点で、20歳以上29歳未満の者(学歴不問)
または、実施年度の4月1日現在、20歳未満で、試験実施年度の3月までに短大、高等専門学校卒業見込みの者、および人事院がこれと同等の資格があると認めた者。

試験内容

試験は,大学卒業程度の学力を基準とし,知識のみならず理解力,判断力,表現能力並びに人物について,外務公務員としての適格性を判断します。

1次:憲法、国際法、経済学、一般教養、時事論文、外国語和訳、和文外国語訳
2次:外国語会話、人物試験、身体検査

外国語試験は,英語・フランス語・ドイツ語・ロシア語・スペイン語・ポルトガル語・イタリア語・オランダ語・アラビア語・ペルシャ語・ウルドゥ語・ヒンディー語・ミャンマー語・タイ語・ベトナム語・インドネシア語・中国語・朝鮮語のうちから1ヵ国語を選択。

受験料

無料

試験日

1次:6月18日、19日
2次:7月28日〜8月5日
(平成23年度)

試験地

1次:東京、京都
2次:東京

問い合わせ先

人事院
〒100-8913
東京都千代田区霞が関 1-2-3
tel:03-3581-5311(代 )
http://www.jinji.go.jp/saiyo/saiyo.htm

コメントは停止中です。