秘書検定

秘書検定試験は、秘書として必要な資質と職務知識、一般常識、マナー、技能の5つの領域についての技能を問う資格です。

試験は3級から準一級を含む4段階あり、1級と準1級に関しては面接試験(2次試験)で実践的な技能が問われます。

秘書検定試験は、企業の社員に対しての教育の一環として、資格取得を義務付けているところもあり、ビジネスの現場においてのマナーや対人スキルを測るための検定として認知度は高いです。

受験資格

制限なし

試験内容

筆記試験については、以下の5つの分野から出題されます。

  1. 必要とされる資質
  2. 職務知識
  3. 一般知識
  4. マナー・接遇
  5. 技能

出題形式は、選択問題(マークシート方式)と記述問題

1級と準1級は、2次試験として面接(ロールプレイング)試験があります。

受験料

1級:6,000円
準1級:4,800円
 2級:3,700円
3級:2,500円

試験日

6月、11月、2月(2月は2級と3級のみ)

試験地

全国各地

 問い合わせ先

財団法人 実務技能検定協会
〒169-0075
東京都新宿区高田馬場1-4-15
tel:03-3200-675
http://jitsumu-kentei.jp/HS/

コメントは停止中です。