神社検定

近年のパワースポットブームのおかげもあってか、神社の参拝者は増加傾向にあるようですが、私達日本人にとって身近な存在の神社について、意外とわかっていないことも多くあります。

たとえば、お寺と神社では何が違うのか?、神道とは何か?など…言われてみるとわからない事だらけだったりします。

神社検定は新設の資格ではありますが、監修が神社本庁なので、しっかりと神社について学んでみたい方やガイドの仕事に就いている方には有効な資格かもしれません。

資格は3級から1級までの設定ですが、現在は3級のみの開催で、2級以上は順次開催予定になっています。

受験資格

制限なし(1級は2級合格者のみ)

試験内容

  • 「神様」について
  • 「神社」について
  • 「お祭り」について(神社・皇室)
  • 「信仰」について
  • 「歴史」について

4択式(マークシート)

受験料

3級:4,800円

試験日

平成24年6月3日(3級のみ)

試験地

北海道、青森県、山形県、宮城県、福島県、東京都、新潟県、石川県、福井県、山梨県 、長野県、静岡県、愛知県、奈良県、京都府、大阪府、兵庫県、和歌山県、島根県、岡山県、山口県、徳島県、愛媛県、佐賀県、長崎県、宮崎県、鹿児島県

問い合わせ先

財団法人日本文化興隆財団
神社検定受験サポートセンター
tel:03-5209-0553
http://www.jinjakentei.jp/

コメントは停止中です。