気象大学校学生

気象大学校は気象庁の幹部候補生を養成するための大学で、気象に関する専門知識や技術の教育を4年間受ける。

卒業後は、気象庁や全国各地の気象台などに配属されて、観測や調査、予報、研究などの業務に従事する。

受験資格

平成3年4月2日以降に生まれた者で次に掲げる者

  1.     高等学校を卒業した者及び平成24年3月までに高等学校を卒業する見込みの者
  2.     中等教育学校を卒業した者及び平成24年3月までに中等教育学校を卒業する見込みの者
  3.     高等専門学校の第3学年の課程を修了した者及び平成24年3月までに高等専門学校の第3学年の課程を修了する見込みの者
  4.     高等学校卒業程度認定試験に合格した者等人事院が1、2に掲げる者と同等の資格があると認める者

試験内容

1次:数学、物理、英語
2次:作文試験、人物試験、身体検査

受験料

無料

試験日

1次:10月29日、30日
2次:12月16日
(平成23年度)

試験地

1次:札幌市、仙台市、東京都、新潟市、名古屋市、大阪市、広島市、高松市、福岡市、鹿児島市、那覇市
2次:札幌市、仙台市、東京都、大阪市、福岡市、那覇市

将来性

難易度

難易度

難易度

コメントは停止中です。