参議院事務局職員

参議院の本会議・委員会など、会議における適正な手続の確保と活発な論議を支える仕事に従事する。

試験はⅠ種、Ⅱ種、Ⅱ種(技術)、Ⅲ種、衛視とある。

受験資格

<Ⅰ種、Ⅱ種>
1.昭和59年4月2日から平成2年4月1日までに生まれた者
2.平成2年4月2日以降生まれた者で次に掲げるもの
 a.大学を卒業した者及び平成24年3月までに大学を卒業する見込みの者
 b.参議院事務局がaに掲げる者と同等の資格があると認める者

<Ⅱ種技術>
1.昭和59年4月2日から平成2年4月1日までに生まれた者で大学(電気工学、電子工学又は情報工学系)卒業(見込み)の者
2.平成2年4月2日以降生まれた者で次に掲げるもの
 a.大学(電気工学、電子工学又は情報工学系)を卒業した者及び平成24年3月までに大学を卒業する見込みの者
 b.参議院事務局がaに掲げる者と同等の資格があると認める者

<Ⅲ種>
平成2年4月2日から平成6年4月1日までに生まれた者

<衛視>
平成3年4月2日から平成6年4月1日までに生まれた者で次に掲げるもの
a.高等学校又は中等教育学校を卒業した者及び平成24年3月までに高等学校又は中等教育学校を卒業する見込みの者
b.参議院事務局がaに掲げる者と同等の資格があると認める者

(平成23年度)

試験内容

<Ⅰ種>
1次:教養試験、専門試験( 憲法、民法、行政法又は刑法(選択) 経済理論、財政学、経済政策)
2次:専門試験(論文)、人物試験(集団面接)
3次:人物試験 (個別面接)

<Ⅱ種>
1次:教養試験、専門試験(短文記述式)、 専門試験(論文式)※専門試験は憲法、経済学のどちらかを選択
2次:人物試験(集団面接)
3次: 人物試験 (個別面接)

<Ⅱ種技術>
1次: 教養試験、専門試験(短文記述式)、 専門試験(論文式)※専門試験は電気分野
2次:人物試験(集団面接)
3次: 人物試験 (個別面接)

<Ⅲ種>
1次:教養試験、一般常識試験、作文
2次:人物試験

<衛視>
1次:教養試験、一般常識試験、作文
2次:人物試験、基礎体力検査、身体検査

受験料

無料

試験日

Ⅰ種:5月〜7月
Ⅱ種:6月〜7月
Ⅲ種、衛視:9月〜10月

試験地

1次:東京、京都(Ⅰ種のみ)
2次、3次:東京

将来性

将来性

難易度

難易度

 

 

コメントは停止中です。