国立国会図書館職員

国立国会図書館職員は一般的な公共図書館と同様のサービスを行う他に国会の審議を助けるために国会議員その他国会関係者に対して、法案等の分析・評価、国政審議に係る政治、経済、社会各般の調査、資料提供等のサービスを行います。

受験資格

Ⅰ種:試験実施の翌年4月1日の時点で22歳以上30歳未満。ただし、大学卒業または卒業見込みの物は22歳未満でも可。
Ⅱ種: 試験実施の翌年4月1日の時点で22歳以上30歳未満。ただし、大学・短大・高専卒業または卒業見込みの物は22歳未満でも可。
Ⅲ種:18歳以上24歳未満で高校・中等教育学校・短大・ 高専卒業または卒業見込みの者。(四大卒除く)

試験内容

<Ⅰ種>
1次:教養試験
2次: 専門試験、英語試験、小論文試験、人物試験
3次:人物試験

<Ⅱ種>
1次:教養試験
2次: 専門試験、英語試験、人物試験
3次:人物試験

<Ⅲ種>
1次:教養試験、作文、英語
2次:人物試験

受験料

無料

試験日

<Ⅰ種、Ⅱ種>
5月〜7月

<Ⅲ種>
9月〜10月

(平成23年度)

試験地

東京、京都

将来性

将来性

難易度

難易度

コメントは停止中です。