司法試験

裁判官や検察官、弁護士になるための試験。法曹人口の拡大に応えるために2004年から新司法試験と法科大学院制度が導入された。

移行期間が修了する平成24年度からは旧司法試験の終了に伴い、これまでの新司法試験が司法試験の名称になった。

受験資格

受験時において法科大学院の課程を修了し、かつ、5年間の期間において 受験回数制限(3回)の範囲内である者、又は司法試験予備試験に合格した者。

試験内容

短答式:公法系科目、民事系科目、刑事系科目
論文式: 公法系科目、民事系科目、刑事系科目、選択科目(倒産法、租税法、経済法、知的財産法、労働法、環境法、国際関係法[公法系]、国際関係法[私法系])

受験料

28,000円(電子出願の場合は27,200円)

試験日

5月16日、17日、19日、20日
(平成24年度)

試験地

札幌市,仙台市,東京都,名古屋市,大阪市,広島市,福岡市

将来性

将来性

難易度

難易度

 

コメントは停止中です。