キャットシッター

キャットシッターの資格とはどんなもの?

猫

「キャットシッター」といったら、一般的にはベビーシッターの猫版的な職業そのものを指すことが多いですが、ここでは資格としてのキャットシッターについてお話しします。紛らわしいので、あえて「キャットシッター資格」と表記する場合もあります。

キャットシッター資格は一般社団法人日本ペット技能検定協会が認定する民間の資格で、猫専門のシッティング業務のプロを育成することを目指した資格です。

今では猫の飼育頭数は犬を上回っていることもあるので、キャットシッターは今後需要が期待できそうな職業といえます。

キャットシッターになったら稼げるのか?

動物病院やペットショップ、猫カフェ、ブリーダーなどで働く場合は、面接の際にアピールすることができるでしょうが、この資格が活かせるのはキャットシッター業を開業することでしょう。

キャットシッターとしての稼ぎは、だいたい1件あたり1時間として、2500円くらいが相場です。多い時は1日に10件ほどの依頼もあるそうですが、これはゴールデンウィークや年末年始などの長期休暇の時なので、常にこれくらいの依頼を受けるというのは、個人では難しいかもしれませんが、主婦が空き時間に働くとしたら、パートよりははるかに良い稼ぎになりそうです。

ただし、人がお休みの時に忙しくなる職業なので、その点は覚悟しておく必要がありそうです。

また、効率よくお客さん宅を回れなければ、移動に時間ばかりかかってしまうので、都市部に限定される職業とも言えます。

キャットシッター資格は、猫に特化したシッティング業務をアピールできるので、猫専門のシッターさんであると特化した方がマーケティング的には正解かと思います。

キャットシッター開業の注意点

キャットシッターのように飼育施設を要しない業務でも、開業するには動物取扱責任者の登録が必要になります。

自治体によって資格要件などが違ってきますが、おおむね登録には1日の研修と2,000〜3,000円くらいの研修費が必要です。その後も年1回の研修を義務付けているところもあります。

また、動物取扱責任者の登録ができるのは、愛犬飼育管理士などの資格取得者や実務経験があることなどの要件が必要な自治体があります。

ヒューマンアカデミーの通信講座の受講者は、独立開業支援のサポートも需実しているので、こういったサービスを利用するのも有効です。



難易度

【難易度】ふつう

難易度としては、取りやすいほうになりますが、猫の生態などかなり専門的なところまで勉強しないと行けないので、難しいと感じる方もいるでしょう。

将来この仕事がAIに奪われる可能性は?

今現在でも、設定時間に自動的に餌が出てきたり、WEBカメラで見守りしたりと、AIではないですが、ロボットやコンピュータが猫のお世話の一部をするようになっています。

時代が進めば、100%猫のお世話をロボットができるようになるとは思いますが、多くの飼い主さんは心が通った人からのサポートをお願いしたいと願うはずです。

なので猫専門のシッターさんという存在は、むしろより求めらるのではないかと想像されます。

受験資格

協会指定のカリキュラムを修了した方

試験内容

【猫学( 繁殖含む)・猫の看護学・猫の介護学】

  • 解剖生理学
  • 内科学
  • 臨床検査学
  • 微生物学
  • 寄生虫学 など

【ペット社会学】

  • 顧客との信頼関係を築く上で役立つ知識

※試験内容は「キャットケアスペシャリスト」と同じ内容になります。

試験日

いつでも受験可

試験場所

添削課題を提出 → 全課題をクリアで終了書の交付 → ライセンス取得

ライセンスの取得には交付料として12,000円がかかります。

講座・教材



ヒューマンアカデミーの通信講座は、キャットシッターの資格と同時にキャットケアスペシャリストの資格も取れます。実技研修や就職や独立開業の相談や無料セミナーを開催しているので、資格取得後のアフターフォローも充実しています。

問い合わせ先

一般社団法人日本ペット技能検定協会