チャイルドマインダー

チャイルドマインダー

チャイルドマインダーとはどんな資格?

チャイルドマインダー(childminder)を日本語訳すると辞書によっては「保育士」となっていることもありますが、チャイルドマインダーは、もともとイギリスではじまったもので、おもに自宅で少人数の子供(0歳児から12歳)をあずかり、家庭的な保育をする人のことを指します。なので、日本の保育士とはちょっとニュアンスが違います。

このチャイルドマインダーですが、日本では国家資格ではなく、比較的新しい資格なので認知度は低いですが、保育所不足や待機児童問題がメディア等で盛んに取り上げられている昨今では、注目されている資格でもあります。

また、保育園や幼稚園ではひとりのスタッフが大勢の子供の面倒を見ざるを得ないのに対して、チャイルドマインダーによる保育では、ひとりひとりのお子さんの性格や行動を把握できるので、きめの細かいケアが可能です。

日本でも昔は「乳母」がいましたが、感覚的にはこれに近いものがあるかもしれません。

チャイルドマインダーになったら稼げるのか?

現在の日本の状況では、需要はかなりあることは間違いないでしょう。

しかし、少人数のお子さんを預かることが大前提ですので、大きく稼ぐとなると、個人レベルでは限界がありそうです。

ただ、子供にとっての大切な時期に深く関われること、成長を見守れることなど、この仕事のやりがいは、金銭的な見返り以上のものがあります。

チャイルドマインダーは残念ながら国家資格ではないので、あわせて保育士や看護師などの資格があると、信用度の部分でプラスアルファが望めて、仕事の幅も広がるでしょう。

ほかにも、英語が得意な方なら英語教育、音楽が得意なら楽器を教えたりと自分の得意なものを組み合わせて、付加価値をつけることで依頼が増える可能性もあります。

難易度

【難易度】ふつう

保育士の資格に比べると優しいという話もありますが、学ぶことは多く、半年以上の勉強期間が必要です。資格を取るには、チャイルドマインダーを養成するスクールに通うか講座を受講する必要があります。

チャイルドマインダーになるには

チャイルドマインダーの養成講座は100%通学のコースと基本的に通信講座で一部スクーリングが必要なものがあります。なので、全部通信講座でとか、独学で一発試験に挑戦という道はないということです。

また、チャイルドマインダーの資格を認定している団体は、複数あって、けっこう紛らわしいです。いくつも団体ができるということは、将来伸びる可能性が高いことの裏返しですから、一概に悪いことばかりではありませんが、選ぶ側は慎重にしないといけません。受講料は決して安くはありませんので。

多数あるチャイルドマインダー資格の中で、オススメするのは、古くからやっていて実績がありところと、大手企業がやっているところということで、以下の2つを挙げておきます。

ヒューマンアカデミーのBTEC認定チャイルドマインダー養成講座

教育関連事業を幅広く手がけるヒューマンアカデミーのチャイルドマインダー資格は、日本で始めてイギリスの職業スキルの基準を満たす「BTEC認定チャイルドマインダー養成スクール」として認められたところが特徴的です。

この講座の受講者全てがというわけではありませんが、一定の基準を満たした方には「BTECレベル3認定証」が発行されます。これは、知識や技術が一定水準以上に達していることを国(この場合は英国)によって保証されていることの証明になります。ニューマンアカデミーで受講する方は、ぜひこの認定証取得を目指しましょう。

この講座はすべて、通学制の講座になりますが、教室は全国で開かれています。

NCMA,Japanの英国チャイルドマインダー養成講座

日本国内で最初にチャイルドマインダーの研修を始めたのが、NCMA,Japanです。全英チャイルドマインダー協会の指導に基づいたカリキュラムで、講座は通学と通信(スクーリングあり)が選べます。

資格取得後はNCMA,Japanキャリアセンターに会員に登録(有料)すると、仕事の紹介や、独立開業支援のサポートがあります。

受験資格

20歳以上なら性別に関係なく、受講できます。保育士などの有資格者は、一部の教程や受講料が免除された有資格者コースがあります。

講座内容

ヒューマンアカデミーの場合

  • チャイルドマインダーの概念と職分
  • こどもを知る
  • コミュニケーション
  • 健康と安全
  • ビジネスとしてのチャイルドマインディング
  • 小児救急救護法